ツールドいわき2016 今年もサポートライダー参戦!

ツールドいわき2016、昨年に続き今年もサポートライダーとして無事走ってきました。

本年のサポートライダーは集合は5:30。
まだまだ、暗い中の集合です。
時間になりますと、参加者のチェックとベストを渡されるとのことで受付へ。

受付終了後の光景はブルべのよう。
DSC_0541.jpg

サポートライダーのミーティングは今年も荒川さん。
DSC_0543.jpg

サポートの線引きなどの注意点が説明されます。
大きなポイントは昨年の反省を踏まえて各エイドにはサポート管理の方が配置されていて出発時間を管理されることでしょうか。
サポートをばらけさすことは、一般参加の方に安心感を持ってもらう意味で、いいことだと思います。

ミーティング終了はもはや恒例の、少々ぐだぐだな「エイエイオー」!

同じサポートライダーのしゅうちゃん、一般参加のN君、CarkeysからはHNさん、ブルべでお世話になっているひろさんなんかんとご挨拶しながら、スタートの時間を待ちます。
養田コーヒーさんからサポートライダーにコーヒーを振舞っていただきました。
素人でもおいしいとわかるコーヒーでした!

さて、今年私の申しつかった担当は120kmコースのスタート10組目。
絶対道を迷いたくなかったので、ルートラボのデータを地図ロイドで見ながら走ります。

7:20より120kmコースのスタートが始まりました。
次々とウェーブスタートが進み、私も指示通り第10ウェーブ前頭でスタートを迎えました。

スタート直後、4km地点で、パンクの方が。
むごい釘(おそらく木ねじ)が刺さっていました。
タイヤもいってしまっているようなので、さっそく修理車要請の電話を本部へしました。
連絡がついたので、その旨をパンクの方に伝えて走り出します。

挽回を意識してスピードを出そうとしますが、スタート後で団子でなかなか思うように抜くわけにはいきません。
結構な風が吹いてます。加えて遠野までは上り基調です。
少し大変ですが、本来のサポートのあたりを目指してできるだけスピードを上げて第1エイドへ向かいます。

第1エイドやすらぎの杜遠野に到着です。
まずは、サポート受付に向かい事情を説明して、出発時間の指定を受けました。

このエイドでのふるまいは、スイーツ。
一つだけいただき、トイレを済ませると時間となりましたので出発します。

スパリゾートハワイアンズまでのダウンヒルは気持ちよく軽快に飛ばします。

昨年パンクされている方がいた交差点を越えて無事第2エイドに到着です。
第2エイドは名物のかに汁!!
しかし、かに汁にはありえないほどの行列。
なくなくかに汁をあきらめて、次のエイドに向かって自転車を押し始めました。
DSC_0551.jpg

するとかに汁の行列から私を呼ぶ方が。昨年パンクしてしまったTREKのりの方でした。
今年も参加いただけたことに感謝を伝えて、先に向かわせていただきました。

昨年大渋滞だった湯本を出てしばらく行った交差点は、今年は細い道でショートカットできて改善されていました。
しかし、山を越えて内郷になるあたりの交差点は相変わらず大渋滞ですね。
避けるルートがないので致し方ないですね。

そのまま、集団についたり離れたりしながら、第3エイド平中央公園に。
DSC_0554.jpg

ここでたまたまN君と合流、腹ごしらえの間歓談して、私は先に出発です。

小川方面に向かいますが、前回の試走同様ありえないほどの風。それも向かい風。
苦行区間となってしまいましたが、できるだけ挽回ペースを維持して走ります。

小玉ダム入口の給水所は止まらずに先を急ぎます。
柳生街道に入るとあまり風の影響がありません。
快調に飛ばして、第4エイド、ワンダーファームへ。

ここにはかみさんと娘が応援に来てくれていますので、しばし歓談。
なぜかかみさん、他の参加者の方の痛ジャージに激しくダメ出しwww

ダメ出しを軽くいなして、出発指定の時間となりましたので、足切りの1時間前となる12時過ぎにワンダーファームを出発しました。

山麓線も往路側は向かい風。山間のためかあまり風を感じずにすみます。
苦手の山麓線アップダウンもこなして、道の駅よつくら港の給水所へ。
残念ながら給水所に紙コップがないので、そのままやり過ごします。

最後のエイド、サイクリング公園で腹ごしらえして、いよいよラストスパートです。
DSC_0556.jpg

トラブルもなくすんなり最後の大ボス、岬公園へ。
上りきるとロバートさんたちサポートライダーが後続の応援をしてます。
しゅうちゃんもいましたが、すでにゴールして引き返してきたとのこと。
あまりサポートの間を作ってはいけないと思い、少し応援に加わったのち再び走り出します。

岬公園を下れば、すぐゴールです。
風のため、エアゲートはすでに撤収後でした。朝見れたのでよしでしょうか。
ゴール後のつみれ汁は健在。
今年も味は絶品で少し冷えた体に温かさが、汗で飛んだ円分にしょっぱさが身に沁みます。

ゴール後に嬉しいことが。TREKのりさんから昨年のチューブ交換のお礼にと地元のお土産を頂いてしまいました。
サポートとして当たり前のことをしたまでですが、お気持ちとしてありがたく頂戴しました。


今の今年の所感ですが、エイドのふるまいは相変わらずですかね。
サポートですので遠慮して実際に味を見れてないところもありますがw
自分を振り返ってみますと、パンクは結構見かけましたが、各自直せる方ばかりでしたので、あまり出番はなかったと感じました。
サポートが暇ということは無事に大会が進んでいったという理解で、それは何よりなことだと思ってます!

そして、やっぱり自転車で走ることはサポートとして緊張感を持ちながらでも、とても楽しい時間でした。




最後に運営の方々本当にお疲れ様でした。
来年もこんなかたちで参加出来ればと思っています。


IzalcoPro:走行距離:122km 累積走行距離: 8,801km
CAAD10 :走行距離:---km 累積走行距離:18,965km

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

きんぶう

Author:きんぶう
福島県いわき市在住
ちょっとしたきっかけでロードバイク始めました。
Cannondale CAAD10 5 105(2012)に乗ってます。
Focus IzalcoProも加えて2台体制になりました。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR